MITA KAIKEISHA

MITA KAIKEISHA REBRANDING

Art Direction / Branding & Identity /

MITA KAIKEISHA

東京都港区の税理士・会計事務所「三田會計舎」
「アートとしての税理士業務」というコンセプトを掲げ、
企業の総合診療所として、会計業務ははもちろん、開業支援、資金調達相談まで
クライアントの経営を全力でサポートしています。
INCUBICではCIにおける理念策定、コンセプトディレクション、ロゴマークまでの
ブランディングを一貫して担当しました。

Service

Business Strategy
Brand Strategy
Brand Positioning
Research
Messaging
Identity Systems
Branding
Graphic Design
Photography

Credits

Project Leader : Ryota Takahashi
Concept / Art Direction : Joe Yanagita
Design : Keisuke Tominaga

Related Member

Joe Yanagita

CDO / Branding Art Director

Keisuke Tominaga

Designer

アートとしての税理士業務とは

三田會計舎の掲げるコンセプト「アートとしての税理士業務」=
美しい「ロジック」の積み重ねが産む、ストーリーのある決算書・会計業務。
会計人である前に、一人の人間として熱く、高い志をもつこと。
理路整然としたロジックを構築し、ストーリーとして成立するスマートな税務処理。
クライアントの想いを形にするために、どんなことにも怯まず向かっていく姿勢。
三田會計舎は企業の総合診療所として、クライアントの経営を全力でサポートしていきます。

概念マッピングによって、CIにもロジックとストーリー性を

三田會計舎の掲げるコンセプト「アートとしての税理士業務」において概念マッピングを行いました。
「内的な概念(INNER CONCEPT)」と「外的な概念(EXTERNAL CONCEPT)」によって
構造化と可視化を行い、CIにおいてもロジックとストーリー性を構築しました。

コミュニケーションに優位性をもたらすシンプルな造形

三田會計社のシンボルは、建築物としての「診察所」というモチーフをベースとしています。
診察所は「屋根(MITAの頭文字M)」と「3本の柱(3 ARTS)」によって造られると定義し、意味形成しました。
三角屋根(家・建物としての認識)とM(大文字と小文字で差異を感じないシンプルな造形)は
イメージを認識するヒトの経験値に左右されない造形であり、コミュニケーションの優位性を発揮できると考え採用しました。

マークとフォントタイプの連動性と印象管理

日本語・英語それぞれのフォントタイプにもおいてもシンボルのモチーフとなっている
「建築物」の要素を付加することでシンボルとの連動性を考慮。
ブランドが伝達したいと考える「3 ARTS」に内包される3つの信念「熱い想い」「スマートさ」
「パートナーとして寄り添う姿勢」という感覚的イメージをフォントタイプにおいても
知覚できるように印象管理を行いました。

Incubic is a Innovation company
generating brand strategy and
digital innovation for progressive brands.

Company

Tokyo office
#501 3-2-12 Nihonbashihoncho, Chuo-ku, Tokyo 103-0023 Japan
TEL 03 6262 1610
Gunma office
4-5 Nishishinmachi Ota-shi Gunma 373-0847 JAPAN
TEL 0276 33 7778

Get connected

Access

Tokyo office

Tokyo office

Gunma office

Group company

Ecommerce service brand

Make application brand

ご利用のOSは閲覧保証外となっております。
一部コンテンツが正しく表示できない場合があります。OSのアップデートを推奨いたします。

CLOSE